研修設備/ツール

メイテックは全国12ヵ所 にエンジニア用の研修施設を、そして2ヵ所にテクノセンターという大型研修施設を擁し、豊富に取り揃えた機材を用いて、実際のお客さま先とほぼ同じ環境で実地研修を行なっています。

研修設備

メイテックグループの教育研修は、厚木、名古屋にあるテクノセンターをはじめ、全国12ヵ所のエンジニアリングアウトソーシングセンター(EOセンター)を教育拠点として全国各地で展開しています。
ローカルエリアのエンジニアの教育研修も可能にするなど、教育への投資を拡大し、エンジニア派遣業界のリーディング企業として他社の追随を許さない教育体制を築いています。

テクノセンター

「優秀なエンジニアをいかに育成していくか」、これがエンジニアリングアウトソーシング事業において最も重要なポイントです。テクノセンターには、研修のためのさまざまな施設や機材が充実しており、エンジニアの市場価値向上を強力に支援しています。

厚木テクノセンター

厚木テクノセンターは、首都圏の重要拠点として、1993年に厚木森の里に誕生しました。 首都圏の教育・研修の中核拠点として位置づけられ、本部棟・講堂棟からなる地上14階・地下1階の建物は、約600人の収容が可能であり、4つのセンターの中でも最大規模を誇ります。

名古屋テクノセンター

名古屋テクノセンターは、メイテック初のテクノセンターとして1988年に竣工しました。 地上8階・地下1階の建物は、中部圏における教育・研修の中核拠点として機能しています。名古屋テクノセンターは、技術者育成に対する優れた実績と充実した教育内容が評価され、1992年に優秀事業所として労働大臣賞を受賞しています。

エンジニアリングアウトソーシングセンター

メイテックでは、テクノセンターを補完する地域密着型の中規模教育研修施設「エンジニアリングアウトソーシングセンター(EOセンター)」の整備・拡充を進め、現在まで12ヵ所に開設しています。
EOセンターは、地域に密着した教育研修を担う目的で各地区の営業拠点に併設し、会社が実施する研修のほか、社員の自主的な勉強会・研修会や、社員同士の交流を深める場としても活用されています。

<所在地>
東日本エリア : 仙台、 宇都宮、さいたま、筑波、東京、 立川
神奈川・静岡エリア:横浜、 静岡
中日本エリア :甲信越
西日本エリア : 京都、大阪、福岡

>ページ上部へ戻る

研修ツール

メイテックではエンジニアのスキルアップを支援するため、市場ニーズの高いツールを研修用に拡充しており、機械系CADは約200台、電気系・マイコン系機材は約1000台の保有台数を誇っています。 また、エンジニアが自主開催する研修である、準アドバンス研修・グループ研修の際にもこうした機材や会場の貸出しを行っています。

また、研修履歴や受講ステータスを統合的に管理する、ラーニングマネジメントシステムも提供しています。

保有機材一覧

【機械系】

CATIA V4、CATIV V5、I-DEAS、Pro/E、PT/MODELER、Unigraphics、Solid Works、Solid Edge、One Space Designer、CaelumII、Micro CADAM、Auto CAD、Nastran for windows

【電気系】

HDL設計研修用基盤、回路図CAD CR5000、B2SPICE、HSPICE、簡易電波暗室、スペクトラムアナライザ、シグナルジェネレータ、ネットワークアナライザ、ログベリアンテナ、ループアンテナ、AC電源、電子負荷、データロガー、直流安定化電源、オシロスコープ、ファンクションジェネレータ、デジタルマルチメータ、周波数カウンタ、ロジックアナライザ

【システム系】

LEO表示装置ファームウェア開発研修キット、Khepera自立制御ロボットキット、GP-IBインターフェイス研修キット、T-Engine研修キット、ORACLE 9i(1server/10client)、会話型数値解析プログラムMATLAB、LabVIEW開発システム、SH3用インサーキットエミュレータ、H8/300用インサーキットエミュレータ

ラーニングマネジメントシステム

エンジニアが、自身のキャリア設計に沿って計画的に研修を受講できるよう、一人ひとりに必要な情報を一元管理できるシステムを、個人ポータルサイトとして提供しています。

ラーニングマネジメントシステムにより、研修情報の提供、研修の申込み、通信教育の受講、研修受講履歴の管理、技術認証試験などの案内、受験申込み、受講ステータスおよび成績確認などを一括して行うことができ、また受講履歴などに基づくおすすめ講座の提案なども受けることができます。

快適な研修空間

研修期間も同期入社の社員同士の交流や、先輩エンジニアとのつながりが大切だと考えています。
そうした考え方に基づき、研修施設内にもコミュニケーションを図りやすい充実した設備を整えています。

ページTOPへ