2014年12月 社長挨拶

2014年12月 (社員向け)月例社長メッセージ

「“覚悟”を持つ」ということ

11月22日(土)に開催しました、40周年記念イベント「Make Next Festa 2014」(@東京ビッグサイト)に、全国から約4,000名の皆さんにお集まりいただきましたこと、うれしく思います。ありがとうございました。
過去最大規模の仲間が一堂に会した姿は、まさに圧巻で、メイテックのつながりの力に感動しました。

参加された皆さんは、40歳のメイテックの軌跡をたどることができましたか?未来の自分を想像することができましたか?そして、会いたい仲間には会えましたか?
参加されなかった皆さんは、ぜひ社内イントラサイトで、当日の様子をご覧いただきたいと思います。

さて、40周年記念イベントでもお話ししましたが、あらためて私が皆さんにお伝えしたいことを、メッセージにします。

この40年間、私たちは「技術」を真ん中に据えて「時間」と「仲間」をつないできました。時代の変化とともに、メイテックは、変遷しながらも「エンジニア 派遣業界 ナンバー1」のブランドを築き、日本の労働市場の中で、生涯プロフェッショナルという新しい働き方を創り上げてきました。そして、生涯プロエンジニアとし て、定年を迎える方々を生み出すことができたことは、とても意義あることであり、誇りです。

私たちがつないできた「時間」とは、何でしょうか?
「時間」とは、時の流れ、時代のことです。時代とともに、メイテックを取り巻く環境も、私たちが求められるものも、大きく変化してきました。時代の変化と ともに、日本の製造業は、新しい製品や新しいサービスの開発に取り組まれ、必要とする「技術」は、多様化・高度化してきました。
そして、エンジニアの皆さんは、その求められる技術・期待される役割に応え続けてきたのです。「技術」は、これからも絶え間なく進化し、それに終わりはありません。時代のニーズに合った技術力を磨き続けること、発揮していくことが、これからも求められています。

もう一つ、私たちがつないできた「仲間」とは、何でしょうか?
仲間とは、一人一人がプロフェッショナルとしての自立心とプライド、余人に代えがたい強み・凄みを持ち、期待に応え、より良い価値を生み出していくため に、切磋琢磨する集団。仲間とは、同じ職業人としての仲間意識を持ち、お互いが切磋琢磨し、自らの成長に取り組みあう同士。
これが、メイテックの「自立と支え合い」の精神であり、伝統なのです。

私が今、皆さんにお伝えしたいことは、ただ一つ「"覚悟"を持つ」ということです。

一人一人が、「自分の 技術で、切り拓いていく"覚悟"を持つ」
そして、「『機会と場』を生み出し続ける "覚悟"を持つ」

この"覚悟"こそが、メイテックの原点でありプロの エンジニア魂そのものです。

変わっていく技術やお客さまのニーズに、一人一人が挑戦していく"覚悟"。自分自身と仲間のために、チャンスを創り出す!という"覚悟"。
それを支えるECやバックオフィス、全部署の仲間は、プロ意識を高め、メイテックの強みであるプラットフォームを進化させ、豊かなエンジニア人生を実現できる機会と場を生み出し続ける"覚悟"を持つ、ということです。

ハイエンド領域のエンジニア派遣市場は、初めから市場として存在していたものではなく、諸先輩をはじめ、私たちが切り拓いてきた市場、創り上げてきた市場 です。だからこそ、未来は、私たち自身が切り拓いていくのです。メイテックがメイテックであるかぎり、すなわち私たち一人一人が、プロフェッショナルとし ての自信と誇り、気概をもって成長し続け、仲間と支え合い、主役となって次代を拓いていくこと。これが、「Make Next」=「未来を創る」ことにつながります。

私たちの先輩が築き、私たちが受け継ぎ、私たちが育み、進化させてきたメイテックというプラットフォームを、私たち一人一人が主役となって、次代に向けて さらなる進化をさせていく。次の30年、50年に向け、世の中に新しいモノ・コトの価値を創り出す「人と技術」の価値創造のリーディングカンパニーとして、 持続的に成長し続け、皆さんが安心して働き続けることのできる存在、そして社会から信頼と共感を得る存在。そんな、光り輝き続ける企業グループを、目指し ていきましょう。

私も"覚悟"を持って、皆さんと一緒に取り組んでまいります。

以上

メイテックグループCEO
代表取締役社長 國分 秀世

ページTOPへ