エレクトロニクス技術サービス

エレクトロニクス製品全般に高機能化や小型化が進んでいます。さらには加速する市場のスピードに対応し、多種多様な製品を短期間で提供することが不可欠です。メイテックグループでは、開発プロセスで発生する高難度回路設計や高密度プリント基板実装設計、試作品の短納期生産などの電子機器開発に関連したサービスをご提供します。

活用メリット

最先端の技術を必要とするエレクトロニクス開発のために

長年培ってきた電子機器関連の設計・製造ノウハウを活かし、試作開発・商品設計に携わる開発・設計部分のお客さまに、高品質なエレクトロニクス関連のサービスをご提供します。
1.シミュレーション技術を活用した高速回路への対応
2.EMI/EMCなどのノイズへの適切な対策
3.ハードウェア設計、ソフトウェア設計、製造組立までのすべてのフェーズへの対応
・お客様のニーズに応じて、パートナー企業と連携することにより、試作・小中ロットの製造および組立まで幅広く対応します。
 1.試作ならではの多品種少量生産や短納期、低価格を実現します。
 2.小中ロットの量産製造にも対応可能です。

対応業務内容

開発・プリント基板設計から製造まで

開発関連 回路設計(デジタル、アナログ、高周波)
FPGA設計(VHDL言語、Verilog-HDL言語)、RTL設計対応
筐体設計/製造(板金、切削、メッキ、塗装、光造形)※3次元設計に対応
ソフト開発(マイコン組込みLinux、ファームウェア、RTOS、ITRON)
評価試験(信頼性、環境試験)
プリント基板関連 プリント基板アートワーク設計 高速デジタル回路(HDMI、SATA、PCI-Express、DDR3)
プリント基板製作<試作〜量産対応> 片面基板〜多層基板、ビルドアップ基板
部品実装/組立<試作〜量産対応> 面実装/挿入部品、鉛フリー、0402チップ、CPS対応
基板シミュレーション<Signal&Power Integrity&EMCソリューション>
高速伝送線路解析、EMC対策、ノイズ可視化サービス、熱解析

活用事例(プリント基板設計・製造)

高密度プリント基板の実装設計から、小ロットの試作製造、中ロットの量産製造までの実績があります

試作開発事例
カテゴリ 特急対応事例
受注概要 デバイス評価基板のアートワーク設計
対応内容 ・ピン数/約8000ピン、層数/6層貫通(t=1.6mm、表層18μ/内層35μ)
・外形寸法/400mm×260mm、最小線幅/LINE/0.15mm、VIA(穴0.3mm/ランド0.5mm)
・特記事項:LVDS差勤100Ωインピーダンスコントロールあり/DDR2、DDR3シミュレーション実績あり/分割設計/同時並行設計
設計期間 3週間 ※数回の修正変更も含む
試作製造事例
カテゴリ 基板製作
受注概要 標準仕様の基板(片面〜高多層)の製作
対応内容 ・層構成:(1)片画・両面基板(最短1日) (2)4層基板(最短2日) (3)6層基板(最短3日)
・基板仕様:(1)インピーダンスコントロール基板 (2)ビルドアップ基板 (3)IVH基板
・基板材科:(1)紙フェノール (2)ガラエポ(CEM3、FR-4、FR-5相当品) (3)FPC
・基板メーカー: (1)パナソニック電工(R8700、R1766、R1566、R1755T) (2)日立化成(MCL-E-67)
(3)住友ベークライト(ELC4765)※その他の指定品
・銅箔厚(ベース材):(1)18μ (2)35μ (3)70μ
試作製造事例
カテゴリ 実装/組立事例
受注概要 部品実装
対応内容 ・手半田付け:1台の試作実装から対応
・手載せリフロー:部品点数が多く、試作台数が少ない場合に対応
・自動搭載リフロー: (1)0402、0603、1005チップ部品標準対応 (2)0.4mmピッチBGA実装可能
(3)窒素リフロー標準装備(鉛フリー半田対応)
・銅箔厚(ベース材):(1)18μ (2)35μ (3)70μ
・検査:(1)目視検査 (2)AOI外観検査装置による検査 ※リピート品および量産品の場合に対応
・部品調達:CR標準品保有、その他調達対応
納期/標準 5日(実装4日+検査1日)

開発環境

標準的な設計ツール、評価環境を完備

回路図 CR-5000-SD/DG、OrCAD、Concept
基板設計 CR-5000-BD/PWS/CPD、Allegro-PCB
ボードシミュレーション DEMITAS-NX、Signal Adviser、HyperLynx、Flo THERM PCB、HSPICE(暗号化モデル)、ADS
FPGA QUARTUSⅡ、XILINX ISE、ModelSim PE
筐体設計 SolidWorks、AutoCAD
その他 ADM、Valor-NPI、ノイズ可視化装置・R3768(300kHz〜8GHz)、・R3168(9kHz〜8GHz)

ページTOPへ