メイテックの取り組み 2018年5月30日

2018年度 社長懇話会がスタートしました

社長と社員の「2WAYコミュニケーション」を通じて
会社の目指す姿やその取り組みを理解していく機会と場

5月16日(水)の水戸エンジニアリングセンターを皮切りに「社長懇話会」がスタートしています。2018年度は5月から11月までの約半年間をかけて、過去最高となる50回の開催を予定しています。

社長懇話会とは、毎年社長が全国の拠点に出向いて、中期経営計画の進捗や日ごろの想いなどを、社員に直接伝える場です。また社員からも会社に対する意見や質問を経営に直接伝える場でもあり、社長と社員の「2WAYコミュニケーション」を大切にしています。

社員の9割は普段お客さま先で業務をしているエンジニアのため、社長懇話会は平日の業務終了後や休日に開催しています。任意参加にもかかわらず、各会場には多くの社員がそれぞれのお客さま先から集まります。参加した社員からの意見や提案・質疑内容については、イントラサイトですべて紹介し、参加できなかったエンジニアも含めて全社員で共有しています。

メイテックグループでは、今年も経営と社員一丸となって、製造業のお客さまの期待に応えられるよう取り組んでいきます。

ページTOPへ