メイテックの取り組み 2017年7月20日

社長懇話会を実施しています

中期経営計画(2017-2019)スタートの年。
目指す状態とそのために取り組むことを全社員に直接伝える

メイテックでは毎年5月から約半年間かけて、全国の拠点や本社で「社長懇話会」を実施しており、2017年度も開催しています。
社長懇話会とは、中期経営計画の進捗や日ごろ社長が感じている想いなどを、社長からエンジニアに直接伝える場です。またエンジニアからも、会社に対する意見や質問を経営に直接伝え、意見交換をする場でもあります。

2017年4月から新たな3ヵ年計画としてグループ中期経営計画(2017-2019)「Next Stage 1」がスタートしました。次代への成長に向けたストーリーとその取り組みについて全国のエンジニアにお伝えしています。またそのほか、前中期経営計画の成果の振り返りや、グループの新たな呼称「Engineering Firm at The Core」、事業名称(「派遣事業」から「エンジニアリングソリューション事業」)の変更の背景や、それぞれの事業戦略なども説明しています。

エンジニアは普段お客さま先で業務をしているため、社長懇話会は平日の業務終了後や休日に開催していますが、任意参加にも関わらず、各会場には多くのエンジニアが参加します。
参加したエンジニアからの意見や提案・質疑内容については、社内イントラサイトでもすべて紹介し、参加ができなかったエンジニアも含めて全社員に共有しています。
メイテックグループでは全社一丸となりグループ中期経営計画に取り組んでいきます。

ページTOPへ