報道機関関係者 各位

ニュースリリース 2012年9月18日

株式会社メイテック

この記事のPDF版はこちら

第二回『国内エンジニア1,000人のキャリア調査』を実施

★働いてみたい国では「アメリカ」がトップ、「ドイツ」「台湾」と続く。

★将来のキャリアに対する向上意欲は高いものの、実際に明確な目標やキャリアプランを持つ者はわずか。産業構造の変化が将来のキャリアに大きく影響。

株式会社メイテック(本社:東京都港区、代表取締役社長 西本甲介)は、日本国内のエンジニアが日々感じているキャリア観や就業観について、エンジニア1,000人に調査を実施し結果をまとめましたので、公表いたします。

日本の製造業やエンジニアを取り巻く環境は、グローバル化の進展など、日々変化しております。このような環境下で、日本の “もの作り” に従事するエンジニアの自身のキャリアやグローバル意識、日本の技術力・もの作りの今と将来について、どのように感じているのかを把握するため、昨年度の第一回 『国内エンジニア1,000人のキャリア調査』に引き続き、実態調査を行いました。

【調査結果の概要】

◆今年度新設した調査トピック◆
<グローバル意識>
●働いてみたい国のトップは「アメリカ」で、「ドイツ」「台湾」「シンガポール」「カナダ」と続く。(P.3)

<キャリア意識>
●将来のキャリアへの意欲や不安感については、「キャリアアップ・スキルアップしたい」(38.6%)、「異なった分野にもチャレンジしたい」(31.1%)が上位で、キャリアへの向上意欲がうかがえる。(P.4)
●全体の6割が“ゼネラリスト”としてのキャリアアップよりも、“プロフェッショナル”としてのキャリアアップを希望。(P.5)
●現場、最新技術への関心度は8割弱と、マネジメントへの関心度(41.4%)を大きく上回る。 (P.6)
●スキルアップのための学習状況は、「書籍を利用して自分で勉強」が過半数を超えて、最も多い。 (P.7)
●今後のエンジニアとしてのキャリアプランで、「目標を決め、実現するための計画も考えている」は4.4%にとどまる。エンジニアとしてのキャリアプランを考える上で影響することは、「国内の社会情勢・経済情勢の変化」(44.2%)、「自身の年齢」(42.6%)「国内の産業構造の変化」(41.9%)などが上位。 (P.8、9)

<部署異動の経験>
●転職経験がないエンジニアのうち、現部署以外を経験したことがないエンジニアは4割で、40代前半でも4割が現部署以外を経験したことがないと回答。分野別では、機械分野・マイコンシステム分野の約5割が部署異動の経験なしと、他分野より多い。 (P.10)
●他部署での仕事を「是非経験したい」は11.7%で、「部署・仕事内容によっては経験したい」(57.2%)を合わせると全体の約7割が他部署での仕事の経験を希望。(P.11)

<技術トレンド>
●今後伸びると感じている製品・技術のトップは、太陽光発電や蓄電池などの「エネルギー分野」(143件)。それ以外では、健康、介護などの「医療分野」や、スマートフォン、タブレットなどの「高機能IT端末」が多く見られた。(P.12)
 
 
◆昨年度(第1回)からの経年調査トピック◆
 
<グローバル意識>
●日本企業のグローバル化への関心度は過半数に達し、自身の海外勤務意向も3割を超えるなどグローバル意識は年々高まっている。(P.13、15)

<就職理由>
●エンジニアの仕事に就いた理由は「興味のある分野の研究・開発を続けられるから」(44.8%)、「モノ作りが好きだったから」(43.6%)、「専門知識・専門スキルを活かせるから」(40.9%)など、専門分野・モノ作りへの拘りが昨年度同様上位。(P.17)

<エンジニア継続意向>
●今後も「エンジニアの仕事を続けていきたい」と回答したエンジニアは、昨年度に引き続き8割を超える。年代別では、最も経験年数の低い20代でも、4人に3人が今後もエンジニアの仕事を続けたいと回答。 (P.19)

<会社軸、職業・職種軸によるエンジニアのタイプ分類>
●会社への拘りよりも職業・職種への拘りが強い“プロ志向型” が4割と、4分類中最も多い。(P.21)

<日本の技術力に対する考え>
●今の日本の技術力は世界をリードしていると思うエンジニアは半数を占めるが、将来もリードしていると回答したエンジニアは約3割と昨年度と同様の傾向。(P.23)
●全体の7割弱が、「日本の将来は技術力・モノ作りにかかっている」と回答し、半数近くは「日本社会の発展のために働きたい」と回答。ただ、日本の将来について、明るいと回答したエンジニアは1割未満と強い危機感を持っており、こちらも昨年度と同様の傾向。 (P.23)

調査概要


■調査目的:エンジニアのキャリア意識・職業意識を把握する。

■調査対象:全国の製造業の技術職に従事している18歳以上の男女。
※技術職とは、生産管理職、技能職、労務職を含んでおりません。
※派遣、業務委託を含んでおりません。

■調査時期:2012年7月6日(金)~7月9日(月)

■調査方法:インターネット調査

■有効回答数:1,000名
※機械系エンジニア200名、電気・電子系エンジニア200名、マイコンシステム系エンジニア200名、IT系エンジニア200名、化学系エンジニア200名

【調査結果詳細】(PDF)

【参考データ】回答者プロフィール(PDF)
本件に関する報道関係の方々のお問い合わせ先
株式会社メイテック広報部 三宅、明石
TEL: 03-5413-2633 FAX:03-5413-2622
E-mail:kouhou@meitec.com

ページTOPへ