メイテックの取り組み 2018年8月22日

fabcrossが「Maker Faire Tokyo 2018」に出展しました

全国のMakerが集まるテクノロジーとものづくりの祭典

8月4、5日の2日間、東京ビッグサイトで開催された「Maker Faire Tokyo 2018(※)」に、当社の運営するWEBメディア「fabcross(ファブクロス)」・「fabcross for エンジニア」が出展しました。「Maker Faire Tokyo 2018」には約600組のブース出展があり、過去最大のビッグイベントとなりました。

当社のブースでは、「fabcross」の企画で製作したり、紹介したりしている製品を展示。シングルボードコンピュータ「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」でつくったノートパソコン、「Nintendo Labo」のダンボールを使ったアイデアゲーム、「恋が叶う自動消しゴム削り器」ほか計5つの製品を紹介しました。

大人から子どもまで毎年好評のfabcrossの限定うちわを配布。fabcrossのファンや、「どんなメディアなの?」と興味を持ってこられた方と、実際に製品を手にとって体感してもらいながら、多くの来場者と交流を図り、終始ブース周りはにぎやかでした。今回の出展は、「fabcross(ファブクロス)」・「fabcross for エンジニア」だけでなく、「メイテック」の認知を上げていくためのプロモーション活動の一環にもなっています。

新しいものづくりを応援するメディア「fabcross」、エンジニアのキャリアを応援するメディア「fabcross for エンジニア」。この2つのWEBメディアの運営を通じて、当社社員のエンジニアだけでなく、世の中のエンジニアやものづくりに興味があるすべての人に役立つ情報をタイムリーに提供してまいります。

※Maker Faire Tokyo :新しい技術を使って、ユニークなものや便利なものをつくりだす「Maker(メイカー)」が集まるものづくりの祭典

ページTOPへ