経営計画

メイテックグループ中期経営計画(2017-2019) 「Next Stage 1」

 グループ経営理念「共生と繁栄」に立脚し、「グループ全社・全社員がつながりあって、『目指すべき姿』の5つの価値を高め続け、グループ企業集団の事業価値・企業価値を高めていくこと」は今後も継続しつつ、製造業の設計・開発市場のハイエンドを主体とした領域の中でも、より技術レベルの高い領域をメイテックグループの長期的な戦略で狙うポジションと定め、2017年度からの 3 年間における実行計画として「メイテックグループ中期経営計画(2017-2019) Next Stage 1」を策定し、2017年4月1日からスタートしました

メイテックグループ中期経営計画(2017-2019) 「Next Stage 1」の概要

A.3年後のグループ連結の収益目標

・ 売上高   : 1,000億円
・ 営業利益  : 130億円
・ 営業利益率 : 13%
・ 当期純利益 : 90億円
・ ROE   : 20.0%

B.中期経営計画の基本方針

積極的成長に向けた競争力の強化

C.事業別の戦略

製造業の設計・開発市場をハイエンド領域とミドル領域の2つにゾーニングし、「エンジニアリングソリューション事業」と、「エンジニア紹介事業」の2事業で、以下の4つの戦略に取り組む

(1) エンジニアリングソリューション事業
a. 派遣型エンジニアリングソリューション(ハイエンド領域)の戦略
ハイエンドを無限に創り続ける「The Only One」
・ ハイエンド市場拡大戦略
・ 市場価値向上戦略
・ 共通基盤の強化

b.受託型エンジニアリングソリューションの戦略
技術の組み合わせと組織力を武器に変化する技術革新に応える
・ 技術価値向上戦略
・ 技術ソリューション力向上戦略
・ 組織体制の強化

c.派遣型エンジニアリングソリューション(ミドル領域)の戦略
幅広い業務でキャリアアップし続け、高い「技術力×人間力」によりミドル領域No.1
・ 既存マーケット拡大戦略
・ 新規マーケット開拓戦略
・ 事業運営体制強化戦略

(2) エンジニア紹介事業
「エンジニア支持No.1」を目指す
・ 既存マーケット拡大戦略
・ 新規マーケット開拓戦略
・ 機能構築戦略

ページTOPへ