2012年4月 社長挨拶

2012年4月 (社員向け)月例社長メッセージ

4月に入社する若者たちへ

メイテックの一員として社会に第一歩を踏み出すということは、「プロのエンジニア」としての第一歩を踏み出すことです。

入社研修を経て、お客さまに配属されたときに、その言葉の意味を実感すると思います。配属されるということは、自分がお客さまに提供する仕事の対価を頂くということの始まりだからです。

自分の仕事に対して対価を頂くということは、どんな仕事であれ、大したことなのです。ですから、世の中に大したことはない仕事などないのです。仕事とは、だれかの役に立つからこそ、だれかに喜んでもらえるからこそ仕事であり、その対価が頂けるわけです。だれかの役に立つこと、だれかに喜んでもらうことは、それがどんな仕事であれ、大したことなのです。

そして、その仕事を、何の実績も経験もない自分に任せてもらえる意味を考えてほしいと思います。それは、皆さんの先輩たちが「メイテックのエンジニアは、必ず役に立ってくれる」という実績を積み上げてきたからです。今度来てくれるメイテックのエンジニアも必ず役に立ってくれるはずだという、お客さまの信用と信頼があるからこそ、仕事を任せていただけるのです。

自分が今の仕事ができるのは、創業以来の幾多の先輩エンジニアたちの実績に根ざした信頼があるからだということを、必ず考えてください。それを考えれば、仕事というのは、どんな仕事も自分一人だけで成り立っているものなど何もない、ということが分かるはずです。そして、自分が何をしなければならないか、何をしてはいけないかということが、おのずと分かるはずです。

それをわれわれは、「プロのエンジニアとしての誇り」と言います。その誇りを持ったときに、本当の意味で「プロのエンジニア集団」の仲間になるのです。

「プロのエンジニア集団」へ、ようこそ。


以上

メイテックグループCEO
代表取締役社長 西本甲介

ページTOPへ