2011年4月 社長挨拶

2011年4月 (社員向け)月例社長メッセージ

新・中期経営計画「共創21」

去る3月11日の東日本大震災で被災されたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。

広域にわたって甚大な被害をもたらした大災害でしたが、幸い、当社社員は全員無事でした。そして、被災地域のお客様も、すでに懸命に復旧の取り組みをされており、その取り組みに、当社エンジニアも参画しています。
当社として人的被害はなかったとはいえ、大震災直後には、お客様事情、交通機関の不通・運休、ガソリン不足等のさまざまな要因によって、出勤できないエンジニアも多数いました。そうした関係から、3月11日からの約二週間は、当社も大震災への緊急対応をせざるをえませんでした。そして、被災されたお客様の復旧への取り組みと共に、当社も落ち着きを取り戻しつつあるのが現状です。今後も、計画停電・原発問題等によって、直接被災されていないお客様にもさまざまな影響が波及していく可能性もありますが、今は、この国家的な困難を、企業も個人も、一つになって乗り越えていくときだと考えています。
われわれも、当期から、新・中期経営計画によって、新たなメイテックの創造に取り組んでいきます。リーマンショック後の二年間で学んだことを教訓として、より強い「プロのエンジニア集団」になることによって、社員価値・顧客価値・株主価値・社会価値として定義する企業価値を、全社員で向上させていきます。全社員で共に創り出していくことを主軸としていることから、新・中期経営計画は、「共創21」と命名しました。「社員と会社」「社員と社員」「拠点と拠点」「グループ会社とグループ会社」、そしてお客様とともに、新しい価値を創り出していきます。

大震災対応によって、新・中期経営計画「共創21」の社内周知が、やや遅れていますが、必ず、その一歩を、踏み出します。

以上

メイテックグループCEO
代表取締役社長 西本甲介

ページTOPへ