2010年4月 社長挨拶

2010年4月 (社員向け)月例社長メッセージ

原点からのスタート

2010年度がスタートしました。2010年度のメイテックグループ経営方針は、「自立的な企業存続を達成する」 です。そのために、メイテックグループ経営目標は、「通期営業黒字の達成」としています。社員の皆さんにも、昨年度以上に踏み込んだことをお願いさせてい ただいていますが、何としても、自分たちの力で、公的資金である雇用調整助成金に頼ることなく事業が継続できる体制に、一刻も早く戻したいと考えていま す。それは、通常のルールに基づいて賃金を支払うことができ、利益配分ができ、昇格・昇給が実行できる状態に戻すということでもあります。その上で、社員 の皆さん一人ひとりのキャリアアップを支援する体制に戻していくということでもあります。

ただし、キャリアアップを支援する体制については、原点からの再構築をしていきたいと考えています。すでに、年初の経営メッセージにおいて、今次の危機を 脱出していく過程においては、あらゆる事業システムをリセットしていく必要性があることについて言及しました。われわれを取り巻く市場環境や社会構造が大 きく変わりつつある状況を踏まえれば、単純に元に戻すのではなく、新しい状況や環境に適応したものに変えていかねばならないという意味です。

その意味でも、原点という言葉の意味が重要になってきます。再構築とは過去の全否定ではなく、われわれは、どこまで戻って仕切り直すのか、ということだと 思います。私は、社員同士が、相互に支え合い切磋琢磨し合うことによって一人ひとりが自立的に成長していくという、創業当初から社員の皆さんの中に自然と 育まれた風土、あるいはDNAといったものが、一つの原点であると考えています。その原点から、新しいスタートを始めるところまでは、何が何でも今期中に 到達する覚悟です。

以上

メイテックグループCEO
代表取締役社長 西本甲介

ページTOPへ