2017年4月 社長挨拶

2017年4月 (社員向け)月例社長メッセージ

Engineering Firm at The Core

2017年4月より、メイテックグループの本質を伝えていくための新たな呼称として、「Engineering Firm at The Core」を定めました。
これは、『「人と技術」でものづくりの核心を担うエンジニア集団』ということを表現した呼称です。

「Engineering Firm at The Core」という言葉は、私たちの存在意義そのものであり、絶えず自己革新を続けていくという、未来への決意の証しです。エンジニアに対しては、豊かな「エンジニア人生」を実現していく存在であり続ける。製造業のお客さまに対しては、欠かせない真の「ベストパートナー」を実現していく存在であり続ける。今までも、「人と技術で次代を拓いてきた」われわれだからこそ、今、そしてこれからもエンジニアの労働市場と設計・開発業務市場の双方において、「核心」を担える集団であることができるのです。

現在、世の中のものづくりは、技術革新のスピードがますます速まっており、われわれを取り巻く環境もガラリと変わってきています。特に着目するべき点は、「つながる」ことを軸にした技術の融合。例えば、大小さまざまなものがネットワークでつながりはじめ、リアルタイムで情報の受発信ができるIoT化が進んでいます。同時に第3次AIブームや第3次ロボットブームが本格化していくことで、業務の効率化や最適化が急速に発展していると感じます。まさに、第4次産業革命期の到来です。

このような大きな環境変化を逃さずにとらえて、チャンスにしていくために、皆さん一人ひとりが持っている専門スキルを高めてほしい。同時に、専門分野以外の新しい技術や知識を積極的に取り入れて、複合的なキャリア形成につながるようなチャレンジを実行してもらいたい。また、プロエンジニアとして次のステップに進むチャンスにもしてもらいたい。それによって、われわれはお客さまのコアな業務領域を任せていただける、「なくてはならない存在」であり続けることができるのです。

「Engineering Firm at The Core」というわれわれの本質を表す呼称のもとで、お互いが有機的につながり合い、最新の技術スキルを楽しみながら吸収し、継続的に市場価値を創造できるオンリーワンの集団を、これからみんなで実現していきましょう。


「Engineering Firm at The Core」が意図すること

【Engineering Firm】
・メイテックグループの社員一人ひとりが「自立と支え合い」の精神でお互いを高め合い成長し続けるエンジニアのプロフェッショナル集団であること

【The Core】
・製造業の技術革新において、「大事な、欠かせない」価値を創り出す存在であること
・世の中のエンジニアが職業を軸に働き続ける上で、「大事な、欠かせない」働き方を提供できる存在であること




以上

メイテックグループCEO
代表取締役社長 國分 秀世

ページTOPへ